主婦でも収入さえあればアコムを利用することができる

2010年に施行された改正貸金業法によって、カードローンではグレーゾーン金利の撤廃とともに、これまでと大きく変わるルールが追加されました。それが、消費者金融からは年収の3分の1までしか借入を行うことはできないとする、総量規制です。
これは、あくまで利用者が借り過ぎによって多重債務などにおちいらないため、消費者保護の観点から導入されたものなのですが、結果的に利用者にとっても大きな制限がつくようになったことは間違いありません。たとえば、年収が450万円の人であれば、どれだけよい条件であったとしても、150万円より多くの借入を行うことはできないのです。また、総量規制のチェックを行うために、申込を行うさいには、利用者が自分の年収を証明する源泉徴収票や確定申告書などの書類を提出しなければならなくなってしまいました。

 

主婦は配偶者の同意があれば自分の収入以上の借入ができる

 

総量規制から考えれば、収入がまったくない人は3分の1にしても0円であることに変わりがないので、消費者金融を利用することはできません。つまり、労働で収入を得ていない専業主婦などは、これにあたるわけです。

 

ただし、パートやアルバイトで収入がある主婦は、これに当てはまりません。また、総量規制には配偶者貸付という例外も設けられていて、これを利用すれば、自分の年収だけではなく、配偶者の年収と合わせた金額から3分の1までを借入することができるようになります。ただし、あくまで配偶者の同意を必要とするものなので、同意書や配偶者の収入を証明する書類も用意しなければいけません。

 

これで、たとえば夫が450万円、妻が90万円の年収があれば、2人合わせて180万円まで借入を行うことができるようになります。もちろん、自分だけでも十分な年収があるのであれば、主婦でも配偶者の同意なしに借入を行うこともできます。

 

主婦がアコムに申し込むために必要なこと

 

主婦がアコムで借入をするには、簡単にまとめると次のような条件を満たしていることが必要になります。

 

  • パートやアルバイトで自分自身に安定した収入がある
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 配偶者に契約の同意をもらっている

 

改正貸金業法が施行されてから、収入の少ない人には消費者金融がとても利用しづらいものとなりました。しかし、主婦であっても利用したいという人は大勢いると思います。そこで、まず消費者金融を利用するにあたっては、パートやアルバイトで収入をある程度得られるようになることから始めてみてください。そうすれば収入自体も助かりますし、足りない分についてはそれを元にしてアコムで借入を行いやすくなるでしょう。

 

ちなみに、銀行には総量規制は適用されないので、銀行系のカードローンであれば専業主婦でも借入を行うことができる場合もあるかもしれません。アコムが無理そうだと思ったら、そちらで探してみるのもひとつの方法になるでしょう。

キャッシング詳細



アコムアコムのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 800万円 最大30日間

アコム