アコムで借入を行う前に金利や返済額をチェック

アコムで借入を行うと、当然のことですが元本以外に金利を支払っていくことになります。返済コストのほとんどは、この金利の割合によって決まってくるといってよいでしょう。では、金利自体はどのようにして決められるのでしょうか。アコムで計画的な借入を行うには、あらかじめその仕組みついて知っておく必要があります。自分の借入ではどれくらいの金利になり、最終的にどれだけの返済額になるのか、確かめておきましょう。

 

アコムでは利用者の条件をもとに4.7%〜18.0%の範囲で金利が決められる

 

どの金融機関でも、金利にはあらかじめある程度の幅が決められています。アコムでは、実質年率4.7%〜18.0%とされています。その範囲のなかから、利用者の収入や希望額などの条件によって金利が決められることになります。一般的に、借入限度額が高ければ金利は低くなり、借入限度額が低ければ金利は高くなる傾向があります。初回の利用時には借入限度額が低く設定されることが前提なので、アコムでは最大金利の18.0%が適用されることになります。

 

利用者には関係ない要因で金利が変更されるケースもある

 

アコムの金利は、利用者の収入や個人信用情報をもとに決められています。ただし、一度決まったからといって、その後もずっと同じ金利が適用されるわけではありません。なかには、利用者側には関係のない理由で金利が変更される場合があるので、気をつけてください。

 

たとえば、アコムの業績次第で変更されることもありますし、金利は法律によっても上限が決められているので、そこが改正されれば当然変更されることになります。もし変更になるときにはアコム側から事前に通知がなされるはずですが、そういうケースもありうるということだけは理解しておいてください。

 

返済額のうち利息分はどれだけ支払うことになるのか

 

利息分として支払う金額は、借入残高に金利をかけて、日割りにしたものに利用日数をかけることで算出します。

 

利息=借入残高×借入利率÷365日(うるう年は366日)×利用日数

 

このことからも分かるように、利息というのは借入期間が長引けば長引くほど、どんどんコストが高くなっていってしまいます。これをなるべく低く抑えるには、一日でも早く返済を完了するようにしましょう。

 

毎月の返済額を知るにはどうすればよいのか

 

毎月の返済額は、借入残高に一定の割合をかけた金額となります。この「一定の割合」については、借入条件によっていろいろ変わってくるので、アコムのホームページに掲載されている返済早見表を参考にしてみてください。ホームページには、ほかにも返済シミュレーションが用意されているので、簡単に自分の必要な支払額を調べることもできます。

 

返済を延滞すると、ほかにもさまざまなデメリットがあるので、しっかり金額を確認しておくようにしましょう。返済期日の3日前と当日にメールでお知らせしてくれる「eメールサービス」も用意されているので、そちらもぜひ利用してみてください。

キャッシング詳細



アコムアコムのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 800万円 最大30日間

アコム