すぐに、お金を借りたい!アコムならスピードキャッシングで即日融資も可能

アコムの即日融資申込のタイムリミットは?

 

すぐにお金が必要なとき、アコムの即日融資を検討したことはありませんか?

 

「どうやったら即日融資が受けられるの?」

「なにか注意しないといけない点はある?」

 

など気になっている方も少なからずいるはず。

 

しかし申込み方法を知っていれば、スムーズに即日融資が受けられるので心配は無用です。

 

今回はアコムの即日融資の受け方がよく分からないという方のために、申込方法や注意しておきたいポイントをまとめました。

 

この記事を読むことで、アコムの即日融資の申込方法を知ることができるので、ぜひ参考にしてください。

 

今すぐお金が必要な人に!アコムの即日融資の方法

まずは即日融資を受ける方法から見ていきましょう。

 

ポイントは次の3点です。

 

  • 審査時間のリミット
  • 最短融資の流れ
  • ネット申込み

 

それでは各ポイントを紹介していきます。

 

即日融資に対応の審査時間のリミット

即日融資を受けるには、大きく分けて次の2つのパターンのうちいずれかを選ばなくてはなりません。

 

  • 契約後にATMや店頭窓口で借入
  • 契約後に振込キャッシング

 

いずれにせよ、まずは「当日中の契約」がハードルとなります。アコムは様々な申込方法を用意していますが、それぞれ受付時間が異なります。まとめると次の表のとおりです。

 

申込方法

対応時間

web

365日24時間

電話

店頭窓口

平日9:30〜18:00(土日祝日休み)

自動契約機(むじんくん)

年末年始を除く年中無休8:00〜22:00

※郵送での申込みもできますが、郵送にかかる時間を考慮すると即日融資は不可能。そのため今回は除外します。

 

このように、webや電話なら24時間いつでも申し込めます。しかし、注意しなくてはならないのが「審査回答時間」です。

 

アコムの審査回答時間は「9:00〜21:00」となっていて、この時間を過ぎてしまうと、翌営業日に回答が持ち越されてしまいます。

 

21:00ギリギリに申込むと
  1. 21:00に申し込み完了
  2. 審査回答は翌営業日9:00以降

 

これでは即日融資を受けられないことになってしまいます。

 

アコムの審査は「最短30分」と公式で謳っているため、ギリギリでも20:30までに申込み手続きがタイムリミットといえるでしょう。

 

さらに審査内容や混み具合によって審査時間が伸びる可能性があります。

 

審査通過後の契約手続き・カード発行にかかる時間を考慮すると、遅くとも20:00までには申込みを完了させておきたいところです。

 

また契約後、自動契約機(むじんくん)または店頭窓口でカードを発行しなくてはなりません。これらも営業時間があるので注意(上の表を参照)。

 

遅い時間まで営業している自動契約機(むじんくん)は22:00がタイムリミットなので、それまでにカードを発行しなくてはなりません。カードさえ発行できれば、24時間利用可能なアコムATMやコンビニATMから借入できるので、即日融資を達成できるでしょう。

 

もう一点注意したいのが「振込キャッシング」で即日融資を受けたい場合です。

 

金融機関の営業時間内に振込手続きが終わっていないと、金融機関の翌営業日以降に振込が反映されてしまい、即日融資を実現できません。

 

振込先金融機関ごとの受付時間および振込実施時間をまとめると次の表のようになります。

 

金融機関

曜日

受付時間

振込実施の目安

楽天銀行

月曜〜日曜・祝日

0:10〜23:50

受付完了から1分程度

ゆうちょ銀行

月曜〜金曜

0:10〜9:00

当日 正午頃

9:00〜14:00

当日 17:00まで

14:00〜23:50

翌営業日 正午頃

土・日・祝日

0:10〜23:50

翌営業日 正午頃

銀行・信用金庫

月曜〜金曜

0:10〜9:00

当日 9:30頃

9:00〜14:30

受付完了から1分程度

14:30〜23:50

翌営業日 9:30頃

土・日・祝日

0:10〜23:50

翌営業日 9:30頃

※公式サイト引用

 

楽天銀行口座を持っている人なら24時間いつでも振込キャッシングが利用できます。

 

しかし、それ以外だと、基本的に平日14:00〜14:30までに振込手続きを終えていないと、即日融資が受けられないので注意しましょう。

 

ここまでのポイントをまとめると、即日融資を受けるためには次の3つの時間に注意しなくてはなりません。

 

  • 審査回答時間は9:00〜21:00。過ぎると翌営業日に持ち越し
  • 契約後すぐにカードを発行できる自動契約機(むじんくん)は22:00まで営業
  • 振込キャッシングは楽天銀行のみ24時間いつでも対応。その他は平日14:00〜14:30がタイムリミット

 

「即日融資を実現したい!」という方は、まずはこの3点を覚えておきましょう!

 

POINT 土日の即日融資
土日の即日融資のポイントを「アコムの即日融資は土日祝日でも可能!ポイントや注意点を紹介」で解説しています。借入れ予定が土日になってしまった場合は是非チェックしてみてください。

 

アコムアコムのおすすめポイント

 

アコム

 

最短でアコムの融資を受ける流れ

アコムの融資を最短で受けるには、次の4ステップで行うのがベターです。

 

  1. 申し込み(10分〜15分)
  2. 審査(最短30分)
  3. 契約(10分〜15分)
  4. キャッシング(10分〜15分)

 

この方法で進めていけば、申込みから1時間程度でキャッシングを利用できるようになるので、急いでお金が必要なときに役立ってくれるでしょう。

 

おすすめの申し込み方法は断然「ネット申し込み」

上で紹介したように、アコムには様々な申込み方法が用意されています。即日融資を希望するなら「ネット申込み」を選ぶのがおすすめです。

 

理由は次の3点。

 

  • 24時間いつでも申し込める
  • スマホOKなので外出先でも申し込める
  • 審査待ち時間を有効活用できる

 

自動契約機(むじんくん)で申し込むのもスピーディーで悪くありませんが、最短30分の審査時間を店内で待たなくてはならず、時間のロスが生じます。

 

また先に利用者がいるとその人が取引を終えるまで待ち続けなくてはならないため、予期しない余計な時間がかかる可能性も。

 

そのため

 

  1. 先にネット申込みを済ませる
  2. 審査結果が出るまでの間に自動契約機に移動
  3. 審査通過後、自動契約機で契約手続き&カード発行

 

が最も効率よく進められます。

 

カード発行と振込キャッシングは時間によって変わる!安定は自動契約機むじんくん

カード発行と振込で申込タイムリミットの違い

 

即日融資を受けるには、カード発行または振込キャッシングのいずれかを利用します。

 

安定して即日融資を受けやすいのは自動契約機むじんくんの利用ですが、近くに店舗や自動契約機が無い人は振込キャッシングの方が便利なことも。ケースバイケースで使い分けるのが理想的ですが、基本は自動契約機を活用した方が良いでしょう。

 

ここからは各即日融資方法の最短利用の流れを紹介します。

 

振り込みを希望の場合

振込先の金融機関によって即日対応の可否が異なります。まとめると次のとおりです。

 

  • 楽天銀行:365日24時間OK
  • ゆうちょ銀行:平日14:00まで
  • その他金融機関:平日14:30まで

 

このように、楽天銀行以外は平日の14:00または14:30までに振込手続きを済ませておかなくてはなりません。

 

そのため即日融資を実現するには、平日の12:00〜13:00までに申込みを行わなければ間に合わない可能性が出てきてしまいます。

 

振込を希望する場合の最短申込方法は次の4ステップです。

 

  1. ネット申込み
  2. 審査
  3. 契約手続き(webで手続き可能)
  4. 振込手続き(会員ページまたは電話)

 

あとは振り込まれたお金を該当口座から引き出せば、無事にキャッシング完了となります。

 

カードを発行し、キャッシング

確実性が高く、振込よりも時間に融通がきく即日融資方法は、自動契約機(むじんくん)を使ったカード発行です。

 

自動契約機(むじんくん)は土日祝日問わず、年中無休で22:00まで営業しているので、仕事帰りにも利用しやすいのがメリット。

 

手順は次の4ステップです。

 

  1. ネット申込み
  2. 審査&自動契約機(むじんくん)に移動
  3. 自動契約機で契約手続き&カード発行
  4. 併設されるアコムATMでキャッシング

 

ローンカードさえ発行できれば、24時間営業のアコムATMやコンビニATMから借入ができるので、時間に縛らなくなり、気が楽になるでしょう。

 

アコムの即日融資を成功させるための外せない3つのポイント

即日融資を成功させるために、次の3つのポイントを念入りにチェックしましょう。

 

  • 必要書類の準備
  • 申し込み方法
  • 入力事項はミスなく

 

ここからは各ポイントの詳細を解説していきます。

 

必要書類の準備

アコムは「本人確認書類」を必ず提出しなくてはなりません。遅れると、提出するまで審査がストップしてしまうため、即日融資から遠のいてしまうことに。

 

また、次の2つの条件に当てはまる人は「収入証明書」の提出が必要になります。

 

  • アコムの借入希望額が50万円以上
  • 他社借入を含めて100万円以上

 

本人確認書類は運転免許証などパッと準備できるものですが、収入証明書はすぐに準備できないことも。
そのため、利用状況に合わせて事前に用意しておくのがベストです。

 

各書類に該当するものをリストアップすると次のとおりとなります。

 

本人確認書類 収入証明
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票
  • 公共料金の領収書(光熱費、固定電話、NHK受信料など)
  • 納税証明書

 

申し込み方法

アコムは申込方法によって受付時間が異なります。即日融資を受けたいなら、必ず時間内に申し込みを済ませるようにしましょう。

 

各申込み方法の受付時間をまとめると次のとおりです。

 

インターネット 店頭窓口 電話 自動契約機(むじんくん)
24時間365日 9:30〜18:00※1 24時間365日 8:00〜22:00※2

※1.土日・祝日は休業で一部店舗は営業時間が異なります

※2. (年末年始除き年中無休)

 

入力事項はミスなく

申し込み時の入力事項がたくさんあり、どれか1つでも誤った情報を入力すると審査の遅延や審査落ちの原因になりかねません。そのため、入力情報に細心の注意を払い、ミスがないよう心がけましょう。

 

アコムの入力事項は次の8点があります。

 

入力事項
  • 個人の情報(名前・生年月日など)
  • 自宅情報(入居年月も)
  • 勤務先(入社年月も)
  • 他社借入れ情報(件数と金額も)
  • カードの希望利用限度額(大きくしすぎないように)
  • 審査結果通知や申込内容確認の連絡先
  • 振込口座(振込みの場合)
  • 簡単なアンケート

 

審査を有利にしようと、他社借入情報をわざと少なめに入力する人もいますが、これは調べればすぐに分かることです。虚偽の申告として扱われ、審査落ちの大きな原因となるので絶対にやめましょう。

 

アコムの即日融資でよくある3つの疑問

ここからはアコムの即日融資に関するよくある疑問を3つ紹介していきましょう。
不安のない万全な状態で申し込めるよう、事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

免許証の住所が違うと即日融資を受けられない?

引っ越したばかりなど、免許証の住所が現住所と異なる場合があります。そのときは現住所に住んでいることを証明できる書類(光熱費の領収書や住民票など)を一緒に提出すれば問題ありません。

 

住所の確認が取れれば、問題なく即日融資を受けられるので安心してくださいね。

 

在籍確認の電話がつながらなかったらどうなりますか?

基本的に在籍確認が取れなければ、取れるようになるまで審査が保留されます。しかし、土日祝日など会社が休みで在籍確認の電話が取れないこともあります。

 

そのときはアコムのオペレーターに相談しましょう。

 

在籍確認を証明できる書類(社会保険証や給与明細書など)を一緒に提出すれば、ひとまず在籍確認として融資が受けられる可能性があります。

 

ただしこの場合だと限度額が低めに設定されることが多いため、希望額どおりの融資が受けられないケースも想定してください。

 

ACマスターカードの即日発行は可能ですか?

可能です。

 

数少ない即日発行対応のクレジットカードとして評価されています。

 

店頭窓口または自動契約機(むじんくん)にて発行可能。

 

アコムの即日融資まとめ

今回はアコムの即日融資の申込方法や注意点などを紹介しました。

 

最後にもう一度、即日融資のポイントをおさらいすると

 

  • 審査回答時間は9:00〜21:00
  • 遅くとも20:00までには申し込みを済ませておく
  • ネット申込み→自動契約機(むじんくん)でローンカードを発行するのがおすすめ

 

の3つが挙げられます。

 

「どうすれば今日中にお金を借りられる?」

「アコムの即日融資を受けたい!」

 

そんな方は、ぜひこの記事を参考に、アコムの即日融資を実現してくださいね。

 

即日融資!すぐにお金をキャッシングする方法

キャッシング詳細



アコムアコムのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 800万円 最大30日間

アコム